北海道のお勧めホテル 札幌

2009年8月 6日 16:21 | コメント(0) | トラックバック(0)

ホテルモントレ札幌

 

北海道の道庁所在地である札幌は、旅行者の殆どがまず向かう場所です。札幌市時計台や大通公園、サッポロビール博物館やクラーク博士の銅像のある羊ケ丘展望台など見所も多数あり、2月には海外からの観光客も含めて約200万人が訪れる北海道最大のイベント、「さっぽろ雪まつり」があります。

札幌には沢山のホテルがありますが、中でもお勧めは札幌駅から徒歩5分の「ホテルモントレ札幌」です。ブリティッシュスタイルで統一された外観と館内は、まさにヨーロッパのホテルそのもの。レトロ感が漂う家具はイギリスから直輸入されています。お値段は1泊4500円からと非常にリーズナブルで、国外からの利用者も多いようです。

「ホテルクレスト 札幌」は、札幌駅前徒歩1分という絶好のロケーションにあります。駅周辺なので店も多く、駅地下での買い物も夜遅くまで楽しむことができて便利なため、札幌の観光拠点としてお勧めです。女性同士の旅行ならば、女性限定の朝食付12時チェックアウトプラン6700円~がお得です。

それ以外には、シティリゾートホテルである「北海道パークホテル」がお勧めです。パークホテルというだけあって中島公園を見下ろす景観は素晴らしく、アメニティも充実しており、広く清潔な客室と従業員の対応の良さが人気となっています。素泊まりプラン4700円~もありますが、朝食が美味しいと評判ですので、是非朝食付きプランを選んでみましょう。

 phpレンタルサーバー  yahooオークション  オークション相場
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

北海道のスキー場にあるホテルの口コミ
冬の北海道といえば、何といってもスキーでしょう。北海道のパウダースノーを楽しんだ後は、素敵なホテルでゆっくりと過ごしたいですね。
北海道富良野・美瑛にあるホテルの口コミ
富良野や美瑛は、ドラマ「北の国から」や現在放送の「風のガーデン」などのロケ地としても知られ、北海道でも特にメディアに登場することの多いエリアです。
北海道札幌市内にあるホテルの口コミ
札幌は、年間1300万人以上が訪れる北海道最大の観光スポットです。時計台や羊ケ丘展望台など沢山の見所があり、限られた日数しかない旅行者には、駅周辺のホテルに人気が集中します。
北海道函館にあるホテルの口コミ
北海道第三位の人口を有する函館市には、年間約500万人の観光客が訪れています。何といっても有名なのは夜景ですが、五稜郭などの歴史的名所やハリスト正教会などの重要文化財も多く、大変見所の多い街です。
北海道小樽にあるホテルの口コミ
「オーセントホテル小樽」は、独特なフォルムが目立つ外観のホテルです。JR小樽駅から徒歩5分とアクセスも良く中心街に位置していることからも利用者が多く、口コミではサービスがしっかりしていると評判です。
北海道のお勧め高級ホテル
北海道旅行ならばワンランク上のホテルに泊まってみたいと思う人もいることでしょう。現在、高級ホテルではお得な宿泊プランを扱っているところも多く、リーズナブルに泊まることができます。
北海道の大自然を満喫できるお勧めホテル
北海道といえば、やはり雄大な自然に憧れる人が多いのではないでしょうか。大雪山国立公園はそのダイナミックな自然から北海道観光の目玉ともいえ、観光客でにぎわっているエリアです。
北海道のスキー場にあるお勧めホテル
沢山のスキー場があるニセコのお勧めホテルは、「ホテル リゾートインニセコ」です。ニセコ東山スキー場、ルスツリゾートスキー場、アンヌプリ国際スキー場などへ車で20分以内の所に位置し、無料送迎も行なっています(要予約)。全客室から羊蹄山とニセコ連峰が一望でき、1日7組限定のプチホテルならではのもてなしを受けられます。
北海道の新名所 旭山動物園とお勧めホテル
日本最北の動物園である旭山動物園は、ペンギンの散歩を始めとした動物本来の行動を見せる新しい展示スタイルで人気となりました。日本以外に海外からの来園者も多く、北海道の新しい人気スポットとなっています。
北海道のお勧めホテル 札幌
札幌には沢山のホテルがありますが、中でもお勧めは札幌駅から徒歩5分の「ホテルモントレ札幌」です。ブリティッシュスタイルで統一された外観と館内は、まさにヨーロッパのホテルそのもの。レトロ感が漂う家具はイギリスから直輸入されています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1637

コメントする



このサイトを購読する